about

はじめまして。
ご覧頂きありがとうございます!
HATMUT(ハトムト)は、北海道札幌市で家具・雑貨・店舗什器を製作・販売していています。

販売している商品は、1点1点丁寧に製作しております。
また、商品は1点ものや少数限定のものを多く販売しております。
材料調達を工夫し、価格を安く販売しております。

【コンセプト】
主に木と鉄を組み合わせたシンプルなカタチの家具を製作しています。
長く使っても古さを感じさせない、飽きのこないデザインを考えているとシンプルなカタチになりました。
長年使っていただくために、細い部材を使用しているものでも強度は余裕をもって製作しています。

基本的に塗装は無着色で、木の肌触りや表情を味わってもらえるよう、環境や人に優しいオイルフィニッシュにしています。

長く使えば使うほど、深い味となり使い手と時を刻んで成長していく家具でありたいと考えています。

【サイズオーダーも受け付けております】
サイズオーダーや樹種、アイアンの形状などオーダーも受け付けております。
対応できるものとできないものございますが、お気軽にお問合せください。

【使用している素材・環境負荷を減らす取り組みについて】
HATMUTでは、一部商品で環境負荷を減らす取り組みをしています。

モノを製作するときに、素材の1/3はゴミになってしまうという話を先輩から聞いたことがあります。
1/3を0にはできないとしても、ゴミになってしまう材料を集めて家具を作ることができるのではないか。
と考え始めたのが取り組みのきっかけです。

寄木にしている木材は、『端材』と呼ばれるような材料を使うこともあります。
質は良くても、「短い、細い、薄い」などの理由で使いにくいために『ゴミ』となってしまうものを『材料』として生き返らせて使っています。
製作する手間を考えると、大きな材料をそのまま使った方が早く効率的ですが、あえて『端材』をなるべく使ったモノづくりをしています。

なぜ、この取り組みを続けているかというと、
せっかく成長した木が『ゴミ』になるのは、心が痛みますし、1番の理由は、子供を持つ親は思ったことがあるかもしれませんが、「この子たちが大人になるころは、どんな世界になっているのだろうか?」と思うことがよくあるからです。
これからの子供たちのためにも、少しでも良い自然環境を残しておきたいと考えています。
そのために、小さなことかもしれませんが、【環境負荷を小さくするモノづくり】に取り組んでいます。

※『端材』は、自分で製作した際にでるものはもちろん、木材屋さんにお願いして端材を集めてもらって購入したものを使っています。

-------------------

HATMUTでは、デザインから材料の選定、木工、鉄工の製作まで、すべて行っています。

Instagram始めました!
https://www.instagram.com/hat_mut/